お気に入りのBTKと言うレンズ

おはようございます。じぇいかわさきです。

BTKと言うのは、ロシア製のCarl ZeissのコピーレンズであるHelios44のプロトタイプの名前。

そもそも、名前のBTKと言うのはビオタークラスノゴルスクの略で、クラスノゴルスク機械工場で作られたビオターと言う意味。

ちなみにクラスノゴルスク機械工場はKMZと言う略称を使っている。

ビオターと言うのはCarl Zeissのビオターの事を言っており、ロシアが東ドイツを傘下に収めた時に、東ドイツのCarl Zeiss Jenaの技術をもとにコピーし、最初に作ったのがBTKなのです。

このレンズ、ロシア製ですがなかなか侮れない良いレンズなんです。無茶苦茶安いのに、Jupiter8と同じように味のある写真が撮れるんです。

フルサイズのEOS 5D Mk2に装着して撮った写真がこれらです。

江川海岸

EOS 5D Mk2 + BTK

 

江川海岸

EOS 5D Mk2 + BTK

 

江川海岸

EOS 5D Mk2 + BTK

 

濃溝の滝

EOS 5D Mk2 + BTK

 

濃溝の滝

EOS 5D Mk2 + BTK

 

ローカル液

EOS 5D Mk2 + BTK

175total visits,2visits today

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク