ぶらりお散歩 新江の島水族館に行ってみた その2

おはようございます。じぇいかわさきです。

 

それでは昨日の続きで、新江の島水族館めぐりです。

 

相模湾を模写した大水槽から離れると、相模湾に流れる川の環境を再現した水槽もありました。

 

うぐい

川魚は優雅と言うより、俊敏に動いているので暗い中でフラッシュをたかないと、ピントが全然会いませんね。なんかピンぼけが多いかも。

 

これらの川魚は、うぐいとオイカワですね。オイカワのオスは産卵期になると、きれいな赤色になるんですよ。

 

小学生の頃に、よく近くの川へオイカワを釣りに行ったのを思い出しました。

 

しらす

この、なんだかわからない集団がしらすなんです。

 

シラス(白子、英: Whitebait)とは、イカナゴウナギカタクチイワシマイワシウルメイワシアユニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称。キュウリウオ目シラウオ科シラウオ(白魚)、スズキ目ハゼ科シロウオ(素魚)とよく混同され、シロウオのことをシラスと呼ぶ地方もあるが、ここでは稚魚について述べる。これを塩ゆでにして干したものは、ちりめんじゃこ、白子干し(白子乾し)などと呼ばれる。

引用:ウィキペディア

 

この部分では、カタクチイワシが孵化したばかりから、しらすと言われる大きさまでが別々の水槽に入れられて、体の変化を見られるようになっております。

 

普段口にするしらすってこれなんだ!わかりやすく説明されています。

 

くらげ

くらげ

くらげ

くらげ

くらげって、あまり動きがないイメージなんですが、実際は結構動き回ってるんです。

 

しかも、意外と早く移動するので、言い訳ですがピンぼけが多い。それに比較すると、海底に住む小魚は良いよね。

 

小魚

チョウチョウウオ

さかな

 

各シチュエーション(住む場所)に合わせて、たくさんの魚がいました。特に相模湾は、駿河湾と同じように深海渓谷がある場所なので、深海魚的なものも多く面白いですよ。

 

その他、屋外ではイルカショーや、ウミガメとの触れ合い場所など、子供連れには非常に楽しめる場所が沢山あります。

 

自分が個人的にオッって思ったのは、しんかい2000が展示されていたことです。この潜水艦が2000メートルまで潜るんだって思うと、なんか感動しました。

 

今は、しんかい6500で6500メートルまで潜ることができるなんて、日本の造船技術はスゴイですよね。

 

新江ノ島水族館は、魚もたくさんおり、その他の展示物が多いので、コストパフォーマンスはかなり良いと思います。年季の入った水族館の割には、外観も手入れされており綺麗ですね。

 

江ノ島まで足を伸ばしたら、ちょっと帰りがけに寄ってみたら良いと思います。

 

もっとも、チョット寄り道程度では、展示を十分堪能する時間としては不十分だと思いますが。

 

また行ってみたいな。

 

 

 

↓↓↓ 永遠の思い出に、撮った写真はフォトアルバムにしよう! ↓↓↓

 

 

 

Total Page Visits: 326 - Today Page Visits: 6
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク