北鎌倉の明月院通りを行く 

おはようございます。じぇいかわさきです。6月に入り、関東も梅雨入りしました。梅雨といえば紫陽花かなと思い、紫陽花寺として有名な北鎌倉の明月院へ散歩に行ってきました。

横須賀線北鎌倉駅で下車し、線路沿いを歩いていくと明月院通りにぶつかりますので、そこを左折して明月院に向かって歩いていきます。

明月院通り自体にも、オシャレなお店がたくさんあり、見ているだけでも楽しいですよ。残念ながら行った時にはまだ紫陽花は満開ではありませんでした。

満開になれば、参道にもたくさんの花が出迎えてくれるんですけどね。

まず最初にきになるのが、葉祥明美術館。入り口からオシャレなんですよね。

葉祥明美術館入り口

Leica d-lux typ109

洒落た洋風の建屋に、お庭にはカフェスタンドがあるので、購入した珈琲を庭のベンチで自然に囲まれて満喫することが出来るんです。

葉祥明美術館

Leica d-lux typ109

レンガ作りの建屋は洋風ですので、出窓の部分や、エントランスなどちょっとヨーロッパの雰囲気が漂っています。

葉祥明美術館出窓

Leica d-lux typ109

葉祥明美術館エントランス

Leica d-lux typ109

エントランスから庭を眺めると、カフェスタンドがあるのが見えますね。車を改造したもので、こちらも洋風を醸し出しているように感じます。

カフェスタンド

Leica d-lux typ109

中は美術館のようになっており、販売する作品が飾ってあるので写真を撮るのは控えました。クレームを付けられても嫌ですし、マナーとして撮らないほうが良いなと思いましたので。

エントランスを入ると、無料の絵や絵葉書を売っているエリアで、その奥が有料の美術館のようになっているみたいです。エントランスはカーテンで仕切られていました。

自分は、この雰囲気がすきで庭でのんびりしても良いかなって思いました。感じが丁度箱根にあるテディベア博物館のような感じかな。

葉祥明美術館出窓

Leica d-lux typ109

 

他にも、たくさんの甘味処とか出ているのですが、自宅を改造したような場所ばかりなので、中に入っていくには勇気が入ります。袋小路敵意なっているので、入り口を入ったらお店の中に入らなければいけないようなところばかりですね。

 

明月院に向かう途中、風化という甘味処があるのですが、ここも見るからに和のオシャレな感じのお店です。

風化

Leica d-lux typ19

大きく、立派な造りの建物で、周囲の緑に溶け込んでいるのがホント、素敵ですよ。次回は入ってみようかなって思いました。

 

 

↓↓↓ 永遠の思い出に、撮った写真はフォトアルバムにしよう! ↓↓↓

 

 

204total visits,1visits today

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク