北鎌倉の明月院を散歩 その3

2019年7月6日

おはようございます。じぇいかわさきです。今回も北鎌倉明月院を紹介致します。前回の続きになりますが、いよいよ明月院本堂からの紹介をスタートします。

開山堂から本堂に向かう通路を歩き、本堂前に来ると左手が本堂で右手が枯山水庭園になります。

枯山水庭園

Leica d-lux typ109

よ〜く見ると、中央の石の上には寝そべってくつろいでいるカエルの置物があるんですよ。

カエルの置物

Leica d-lux typ109

なんか、すごく遊び心がある人が、この枯山水庭園の手入れをしているんだなって思えてくるんですよね。なかなかのセンスだと思いますよ。

 

そして、この枯山水庭園から後ろを振り返ると、本堂になります。左手には御朱印を依頼する人の列ができ、その先には奥庭園に入る入場門があるんですよね。奥庭園は別料金なので、今回は入りませんでした。入るなら紅葉の時期が良いですね。

円窓

Leica d-lux typ109

そして、その横では明月院では有名な、奥庭が見渡せる円窓が公開されているんです。ここも順番で写真を撮る様になっているんですね。しかし、円窓の先には、奥庭園を散歩する人が映り込みますので、朝一番に来て写せば人がいない奥庭を背景に写すことが出来るんです。

水鉢

Leica d-lux typ109

庭園の所々に、紫陽花を絡めたオブジェが置いてあるんです。小さな石造のお地蔵さんと紫陽花のコラボとかね。

紫陽花

Leica d-lux typ109

紫陽花

Leica d-lux typ109

紫陽花もまだ咲き始めの物が多く、満開までは今一歩ですが、これを公開する頃にはだいぶ咲いているんじゃないでしょうか。

本堂から出口に向かい下っていくと、左手に小さな竹林庭園があり、その中を通過するように脇道が作られています。

弁天さま

Leica d-lux typ109

竹林の中には、瓦と同じような材料で作られた、焼き物の弁天様が何体か見つかります。周囲に苔が生えて、情緒豊かな感じになっていい具合ですね。

竹林

Leica d-lux typ109

此処から先は、出口に当たる総門へ向かって下っていくだけになりますね。次回、最終回は紫陽花と総門周辺にて明月院の紹介を終了しようと思います。

次回もよろしくおねがいしますね。

 

 

 

↓↓↓ 永遠の思い出に、撮った写真はフォトアルバムにしよう! ↓↓↓

 

 

147total visits,2visits today

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク