ぶらりお散歩 湯島聖堂をゆく

2019年7月23日

おはようございます。じぇいかわさきです。今回は、神田明神と中山道を挟んで反対側にある、日本学校教育発祥の地である湯島聖堂に行ってみました。

 

神田明神から行くと、ちょうど西側をぐるっと回って中に入ります。

本郷通り

Leica d-lux typ109

本郷通りを歩いて、南側に下っていきます。

壁

Leica d-lux typ109

 

瓦のようなものと、粘土を積層したような壁がずっと続いております。この先に中に入るための入口が有るんですね。

入徳門方面

Leica d-lux typ109

本郷通りから、ちょうど入徳門に行く入り口からみた入徳門ですね。この先から中に入る入口があります。

階段を下り、入徳門に向かっていく途中から、奥を眺めると木の間から杏壇門が見えます。

杏壇門をのぞむ

Leica d-lux typ109

 

この先に、湯島聖堂に入るための入徳門があります。

入徳門

Leica d-lux typ109

 

看板

Leica d-lux typ109

この門を潜った先に、湯島聖堂があります。

湯島聖堂(ゆしませいどう)は、東京都文京区湯島一丁目にある史跡。江戸時代の元禄3年(1690年)、江戸幕府5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟であり、後に幕府直轄の学問所となった。JR中央線御茶ノ水駅聖橋口からでて、聖橋を渡り右手の森の中にあり、「日本の学校教育発祥の地」の掲示がある。

湯島天満宮(湯島天神)とともに、年間(特に受験シーズン)を通して合格祈願のために、参拝に来る受験生が訪れる。特に、合格祈願の鉛筆を買っていく受験生の姿が多く見受けられる。国の史跡に指定されている。

引用 ウィキペディア:湯島聖堂

 

次回は、この入徳門を潜っていよいよ湯島聖堂に入っていきます。

 

 

↓↓↓ 永遠の思い出に、撮った写真はフォトアルバムにしよう! ↓↓↓

 

145total visits,1visits today

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク