ぶらりお散歩 湯島聖堂をゆく その2

2019年7月23日

おはようございます。じぇいかわさきです。さて、前回の続きでいよいよ入徳門を潜って、なかに入ります。

神田明神のように人は居ないので、すごく静かでユックリと自分のペースで見学できます。

入徳門を潜ると、右手には手水舍があります。写真で見るより、遥かに大きく立派なんですよ。

 

手水舎

Leica d-lux typ109

コンコンと水が涌き出る感じで、すごくいい感じ。しかも、水面に波が立たないのが良いですよ。

手水舎

Leica d-lux typ109

 

 

手水舍から戻り、参道の正面を見ると杏壇門が見えます。石段をユックリ上っていくと、杏壇門が迫って来るようで、大きさを感じます。

階段

Leica d-lux typ109

杏壇門の前は、少し広くなっており、木々に囲まれた空間が広がります。門の両側には、絵馬がたくさん奉納されてました。

杏壇門

Leica d-lux typ109

杏壇門の両脇に有る絵馬ですが、水面に写り、雨の滴で揺れる姿が幻想的で、いつまでも見ていられますよ。

絵馬

Leica d-lux typ109

 

たくさんの絵馬には、書いた人の思いが込められているんでしょう。狭い場所に、いくえにも重なりあっています。

絵馬

Leica d-lux typ109

杏壇門から、ふと振り返り後方を見ると、入徳門が静かに門戸を開いています。

入徳門

Leica d-lux typ109

訪れる人もまばらな湯島聖堂は、じっくりと見ながら考え事をするには、非常に素晴らしい場所だと思います。

同じ湯島の名の湯島天満宮とは全然違いますね。

 

 

 

 

 

↓↓↓ 永遠の思い出に、撮った写真はフォトアルバムにしよう! ↓↓↓

 

168total visits,2visits today

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク